Uncategorized

伝説の刀「草薙剣」

三種の神器の一つに、熱田神宮の御神体草薙剣があります。草薙の剣の伝説は 日本武尊が、東征に向かう際に、伊勢神宮にあった神剣を授かったことからその道中のエピソードの中で、草薙剣として呼ばれるようになった所以があるようです。古事記と日本書紀では記述が少しづつ異なってはいるようですが、草薙剣を語るエピソードは互いに似通ってもいるようです。 草薙剣は、実は、剣ではなかったというような説もあるようです。 この剣を祀るために建てられたのが、熱田神宮であります。草薙剣は伝説の刀などとされ、古事記や日本書紀などに登場する、神々しい剣として 現代の人々にもその存在を知らされています。この剣が祀られた熱田神宮は、伊勢神宮に次ぐ別格のお宮として人々に知られています。 三種の神器の一つである草薙剣は、古代から天皇が 神より伝えた宝器であると考えられているようです。平成から令和の新時代を迎えるにあたって、三種の神器は、 皇位とともに由緒あるものとして次の世に伝えられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です