Uncategorized

伝説の刀「草薙剣」

三種の神器の一つに、熱田神宮の御神体草薙剣があります。草薙の剣の伝説は 日本武尊が、東征に向かう際に、伊勢神宮にあった神剣を授かったことからその道中のエピソードの中で、草薙剣として呼ばれるようになった所以があるようです。 […]

Uncategorized

原料について

日本刀に用いている材料として、多くの刀鍛冶は、出雲にある玉鋼を用いることが多いという風に言われており、はるか昔から良質な砂鉄の産地として有名であった出雲で未だに使っていることからも、その信頼が長く続いているというふうに考 […]

Uncategorized

日本刀の種類について

日本刀というのは時代とともに変わっていったそうです。 その種類は大まかに6つに分けることができるそうです。太刀というのは、平安時代後期から作られるようになったそうです。室町時代の初期には主流として大活躍した刀だそうです。 […]

Uncategorized

日本刀の役割の変化

最近の日本刀ブームで若い人たちにも興味を持つ人が増えたそうです。平安時代は貴族にとって刀は装飾品的なものになっていたそうで、拵なども豪華絢爛になっていったそうです。それが武士の台頭によってシンプルなものが好まれるようにな […]

Uncategorized

骨董品とは何か

 日本刀もその一つですが、一体骨董品とはどのようなものなのでしょうか。日本刀に詳しい人も含めて、改めて押さえておく必要があるように思います。骨董品と位置付けられているものを見渡すと、それらは希少価値の高い美術品や道具であ […]

Uncategorized

日本刀エクササイズ

はっきり言ってしまえば、日本刀を用いた、エクササイズや、レクリエーションと呼ばれるものも、現代では、様々に広がっており、そのようなものが、江戸時代に見られた武士社会の武士道をどのように体現しているのか、ということについて […]

Uncategorized

ソボロ(初代)助広

ソボロ(初代)助広は本名を津田助広といい、摂津国の一門です。摂津国とは現在の大阪府、兵庫県にまたがる位置にあります。二代目は津田越前守助広で、特に譲澗乱れで有名だそうです。 初代のソボロ助広は通称「弥兵衛尉」と言われてい […]

Uncategorized

ほうそう正宗

鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国(神奈川県)鎌倉で活躍した、いわずまさむねほうそうと知れた名工・正宗の作で、静岡県の佐野美術館に、「ほうそう正宗という奇妙な号をもつ一振りの太日本刀が所蔵されている。 徳川家の重臣と […]