Uncategorized

妖刀と伝えられた村正

1579年(天正7年)の9月15日、岡崎三郎信康(のぶやす)が、遠州二股城で自害をしました。信康は徳川家康の長男であり、織田信長の娘婿です。家康の方の生母と共に、甲斐の武田勝頼に内通しているのではないかと信長に疑惑を持た […]

Uncategorized

摂津国の國平

日本刀の新刀の刀工で、國平というのは江戸時代前期の摂津国の人だそうです。川崎作兵衛。井上真改の門人だそうです。のちに日向国飫肥に移ったそうです。師の真改の作刀に協力することが多かったそうです。國廣というのは江戸時代初期の […]

Uncategorized

伝説の刀「草薙剣」

三種の神器の一つに、熱田神宮の御神体草薙剣があります。草薙の剣の伝説は 日本武尊が、東征に向かう際に、伊勢神宮にあった神剣を授かったことからその道中のエピソードの中で、草薙剣として呼ばれるようになった所以があるようです。 […]

Uncategorized

原料について

日本刀に用いている材料として、多くの刀鍛冶は、出雲にある玉鋼を用いることが多いという風に言われており、はるか昔から良質な砂鉄の産地として有名であった出雲で未だに使っていることからも、その信頼が長く続いているというふうに考 […]