Uncategorized

摂津国の國平

日本刀の新刀の刀工で、國平というのは江戸時代前期の摂津国の人だそうです。川崎作兵衛。井上真改の門人だそうです。のちに日向国飫肥に移ったそうです。師の真改の作刀に協力することが多かったそうです。國廣というのは江戸時代初期の山城国の日本刀の新刀の刀工だそうです。堀川國廣。山伏鍛冶の國昌の子供だそうです。本国は日向国だそうです。日向国飫肥の伊東氏の臣となって、主家の没落後は、山伏として諸国を旅したそうです。下野国足利学校においても作刀したそうです。多くの名工を育てて、新刀の開拓者と呼ばれるそうです。國正というのは、江戸時代前期の武蔵国の人だそうです。國正の初代で、但州國光の末裔と伝わっているそうです。康継らとともに幕府御用を務めていたそうです。國益というのは、江戸時代前期の土佐国の人だそうです。木村平右衛門。大阪の丹波守吉道の二代目だそうです。大和守吉道らに学んだそうです。同門の上野大掾吉國の養子となって、土佐に移ったそうです。國路というのは、江戸時代前期の山城国の日本刀・新刀の刀工だそうです。堀川國廣の門人だそうです。初めは平安城住國道、國道と銘したそうです。のちに國路と改銘したそうです。慶長18年に出羽大掾を受領したそうです。堀川門を独立した後は金道ら三品派に接近したそうです。住居は西洞院竹屋町通り下ルにあったということだそうです。江戸幕府四代将軍徳川家綱の時代に再建された祇園社の御神宝の大太刀、剣を打ったそうです。國光というのは、江戸時代前期の備中国の刀工だそうです。安左衛門。大月三郎兵衛尉國重の三男だそうです。國安というのは江戸時代初期の山城国の刀工だそうです。堀川國廣の弟だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です