Uncategorized

堀川国広の日本刀

堀川国広の日本刀は、長さ二尺一寸八分五厘 反り六分 片切刃造り。鍛えは小板目つみ柾目まじり。 刃文は中ほどまで浅いのたれ乱れに互ノ目まじり。鑢目は大筋違い。表に雨竜と三鈷剣、裏に二筋樋の彫物がある。本刀は、作風大模様で烈しく、雄渾な彫刻と共に覇気横溢して名作。大振りの二字銘と作風から慶長七、八年の晩年の作刀と推定される。

One Reply to “堀川国広の日本刀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です