Uncategorized

日本刀の種類について

日本刀というのは時代とともに変わっていったそうです。

その種類は大まかに6つに分けることができるそうです。太刀というのは、平安時代後期から作られるようになったそうです。室町時代の初期には主流として大活躍した刀だそうです。太刀を佩くという言い方をするそうです。それは腰に吊るす時に刃を下にして用いるということからのようです。床の間に置くときも刃は下でなければならないそうです。騎馬戦などで有利な形になっているそうです。大太刀というのは、太刀よりも刃長が長く、大ぶりなものだそうです。これは室町時代の武士たちの力の象徴として、大きな太刀が好まれるようになったといわれているようです。大太刀は戦いだけではなく、神社などの御神体となっている大太刀も多いそうです。打刀というのは、太刀よりも短いものとなるそうです。室内でも使うことから、梁に引っかかったり柱に突っかかったりしないように小ぶりになったそうです。また抜刀ができるような長さでもあるそうです。太刀とは違って、刃を上にして腰帯に差すそうです。打刀は江戸時代末まで主流の刀となるそうです。差というのは、1尺以上、二尺未満のものだそうです。打刀よりももっと短いものになってくるかと思います。刀の刃は上にして腰に差すそうです。

刀の予備というものだったそうですが、江戸時代になると大小の刀を差すことが定められたそうです。大刀を本差し、小刀を脇差しとしたそうです。時代劇で見る武士の正式な格好で大小の刀を差している姿があるかと思います。大小を差さなければならないということですが、貧乏すぎて武士の魂を質入れする武士もいたそうです。そういう武士が正装するときは、タケミツを差していたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です