Uncategorized

原料について

日本刀に用いている材料として、多くの刀鍛冶は、出雲にある玉鋼を用いることが多いという風に言われており、はるか昔から良質な砂鉄の産地として有名であった出雲で未だに使っていることからも、その信頼が長く続いているというふうに考えていいかもしれません。その一方で、実際に素材を自分自身の所で自給自足するような形で作っているところもある、という風に聞いたことがありますし、自分の理想を叶えるような日本刀を作るために、素材からこだわっているというようなケースも多くあるようです。現在では、このような作り方をする人は決して多くはないわけですが、江戸時代などでは、それぞれの地域に伝統的な刀の作り方が存在しており、より、独特の製法があったことは間違いないわけですが、現代では、消失してしまっているわけです。玉鋼と呼ばれる、もっとも日本刀を作成に適した素材が流通するようになったのは、 終わり頃だという風に言われており、それ以前にも、良質な玉鋼などは流通していたという風にも言われているようですが、残念ながら、資料などに残っていないこともあり、確かめることができないというのが現状であるようです。日本刀が長きにわたって保管され、ほとんどしゃべることもなく、現代まで保存されていることは、当時非常に良い品質の素材を用いていたということの何よりの理由ではないでしょうか。たたら製鉄の場合には、まず、製鉄を行う場所を作成しなければならず、作成者にかかる負担が非常に強いために、多くの人が経験しつつあるという風に言えるわけです。その上、生産性が低いという風に言われることも多いため、残念ながらあまり注目されていないのも、事実かもしれません。残念ながら、昔刀がどのようにして作られていたのか、日本刀がどのようにして完成したのか、ということを示す資料は、それほど多くは残っていないため、潰した刀の一部や、保存されている刀の一部などを用いて、どのようにして作ったかどうかを、推測するしかないという点は、非常に残念でならないという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です