Uncategorized

古墳時代からも出土する刀剣の移り変わり

日本では、古墳時代の古墳からも数々の刀剣が出土しているようです。この時代の刀剣も鉄製の刀が生産されていたようで、太刀などの存在は、歌などにも詠まれているようです。海外からの渡来品などの刀剣が、数多く名を残しているようですが、輸入では需要に追いつかなくなり始めると日本独自の方が生まれ始めたようです。現代の日本刀などどう考えられる日本独自の刀は、 いつの時代から作られ始めたのでしょうか。謎のベールに包まれている日本刀の歴史は、古来より人々を魅了し妖艶な光輝くそうです存在であったようです。 時代とともに、日本の各地域から出土する刀剣は、スタイルやフォルムが変わっていくようですが、先方が使われ始めた戦国時代においてもその存在はフェードアウトすることはありませんでした。 時代とともに日本刀に求められる存在価値は異なってきますが、武器として実戦で使用されるとなると、現代に伝えられているような美しい日本刀である必要性はない時代もあったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です