Uncategorized

語り継がれる美しき名刀たち

日本の歴史の中での日本刀の存在を垣間見る中で、直刀の時代から、古刀の時代、新刀、新々刀の時代を経て、 現代における現代刀の存在があるのだということを不思議に感じることもあります。長い歴史の中で、武器として使われてきた日本刀は、時代が安泰となる中で、武器ではなく美術品や工芸品としての意味合いを強く持ってきました。戦乱や戦争のない現代においても、刀作りの伝承は、途切れることはないでしょう。なぜなら、日本刀が人々を魅了するものである限り、その職人技は語り継がれることになるからです。現代において日本刀をコレクションする人々の目的意識は様々ではありますが、コレクターである一人一人が、日本刀に魅了される気持ちがある限り、日本刀は未来へと語り継がれることになるのです。実際に日本刀をコレクションしてみると、そのメンテナンスの大変さが目にしみてわかると人々は語りますが、手間のかかる美術品であるからこそそこに楽しみがあるともいえるのではないでしょうか。実際に長い歴史の中で、多くの人の手によって現代に伝えられる名刀たちは、その美しさによって人々を魅了してきたからこそ現代においても語り継がれることになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です