Uncategorized

日本刀と和包丁

和食が得意という方に出逢うことが年々、減っているような気もしておりますが、和食づくりに欠かすことができないのが「和包丁」でもあります。皆さんのご自宅の台所にはどのような包丁が置かれておりますか。

一言で包丁と言いましても最近の包丁に使用されている材質は多様化されているようです。ですから包丁のメンテナンスを行う際にも、きちんと材質を見極めてお手入れすることがポイントとなりそうです。和包丁と呼ばれる包丁のなかには、「本焼き包丁」「合わせ包丁」「ステンレス包丁」などの区分ができるようなのです。

なかでも「本焼き包丁」は、鋼の材質が使用され日本刀の製作技術を引き継いでいるとも言われているそうです。生産量としては数多く生産されている「合わせ包丁」は、鉄と鋼の材質をミックスした形の包丁なのだそうです。

ステンレス製の和包丁は、大量生産に向いていることから生産においても購入者にとっても品質の管理がしやすいなどと言われているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です