Uncategorized

義元左文字と徳川家

江戸時代は、1603年から1863年に渡る長きのことつづいた現代の日本の基盤となった歴史とも言える年代です。「徳川時代」などとも呼ばれる江戸時代は、1603年に徳川家康が征夷大将軍を任せられることからはじまります。現代に […]

Uncategorized

絵巻のなかの武士たち

平安時代に活躍した武士たちの役割をみていきましょう。朝廷や国に使える武士として知られているのは、近衛府、衛門府、兵衛府、検非違使などになります。彼らは主に宮殿の警備や都の治安を守る役割が与えられ都の武士などとも呼ばれたよ […]

Uncategorized

不動行光と織田信長

「不動行光」は鎌倉時代弘安年間の製作といわれ、新藤五国光の弟子の藤三郎行光作といわれている短刀である。銘が「行光」とはなっているが刀工については、諸説あり定かではない。 長らく織田信長が愛刀としていた。織田信長がいかに「 […]

Uncategorized

信房作について

「信房作」を製作した信房は、平安後期から鎌倉期の古備前派の刀工で、後鳥羽院が召し出した二十四番鍛冶で九月番を務めた。古くより備前国は、吉井川流域で良質の砂鉄が産出された。国宝は「信房作」のみだが、天皇御物には「十万束」と […]

Uncategorized

日本刀と和包丁

和食が得意という方に出逢うことが年々、減っているような気もしておりますが、和食づくりに欠かすことができないのが「和包丁」でもあります。皆さんのご自宅の台所にはどのような包丁が置かれておりますか。 一言で包丁と言いましても […]

Uncategorized

金剛兵衛盛高(別名源盛高)

金剛兵衛盛高(別名源盛高)は、鎌倉末期から室町末期に筑前国で活躍した刀匠集団である。初代金剛兵衛盛高が著名である。金剛兵衛とは属した流派の名称で、筑前国御笠郡宝満山(現在の太宰府市付近)の竈神社の山伏、または、宝満山天台 […]

Uncategorized

不動国行について

大徳寺での織田信長の葬儀のさい、豊臣秀吉が「不動国行」を棒持し、豊臣秀吉の所有となった。天正11年、織田家宿老柴田勝家を賤ヶ岳で破った豊臣秀吉に対し徳川家康から名器「初花」の茶入れが贈られてきた。 その返礼品として「不動 […]